“緊急招集”狩野が代打で結果…「嫌だった」技あり完全阻止

[ 2014年10月27日 05:30 ]

<神・ソ>6回2死一塁、狩野は西岡の右翼線二塁打で一塁から生還

日本シリーズ第2戦 阪神1―2ソフトバンク

(10月26日 甲子園)
 魂がこもった、執念の一打だった。阪神は、6回2死から能見の代打で登場した狩野が初打席で結果を出した。「それ(完全試合)だけは嫌だった」。それまで安打どころか、一人の走者も出せなかった武田から左前打した。

 「途中で出るメンバーも“打つぞ”というところを見せたかった。これからも対戦があるんで」

 初球を豪快に空振りした。そしてカウント2ボール1ストライクから2球連続でファウル…。続く6球目の外角低めカーブに食らいついた。武田独特のタテに大きく曲がり落ちる軌道に、態勢を崩されながらもバットを当てた。

 「(初球から)しっかりスイングして思い切っていこうと思った。どんな状況でもいける準備はできていた」

 まさかのシリーズ参戦、そして夢にも思わない“大仕事”だった。25日の第1戦の試合前に、新井が腰痛を発症したため緊急招集された。その日も宮崎フェニックスリーグに出場しており、練習の汗も流さず、大きな荷物を持って午後7時に宮崎空港発の便に飛び乗った。甲子園到着は試合も終盤の午後9時頃。初戦は出番こそなかったが、勝利の瞬間には立ち会えた。

 「(宮崎に)来ている外野手は少ない。その中でも狩野は一生懸命だ。必死にやっている」

 中村2軍外野守備走塁コーチの目にも参加中最年長選手の必死さは伝わっていた。度重ねるケガに見舞われて一度は現役引退も覚悟したことがある。しかし8月29日ヤクルト戦(甲子園)で本塁打も放った。どん底からのワンチャンスをものにしてきた男は、この日ももっとも輝く活躍をした。「宮崎できっちりやってきた。どんな形、何でもいいので貢献した」。南国の日差しで顔は季節外れの日焼けをしている。その表情には自信が満ちている。不屈の魂は、敵にも脅威に映ったにちがいない。 

 ≪阪神打者では初≫阪神の狩野が代打でシリーズ初打席初安打。阪神打者の日本シリーズ代打安打は05年ロッテ第4戦の桧山以来5人目で、通算8本目になるが、シリーズ初打席でマークしたのは狩野が初めてだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース