菅野ブルペンで45球 負傷後初、捕手座らせ「痛み全くない」

[ 2014年10月27日 05:30 ]

ブルペンで捕手を座らせ投球練習を行う菅野

 右肘じん帯の部分損傷で2軍調整中の巨人・菅野が、ジャイアンツ球場で負傷後、初めて捕手を座らせてブルペン投球を行った。

 変化球を交えながら45球。「良かったと思います。ある程度力を入れて投げられたし、痛みも全くない」と充実の表情で振り返った。今後については「対打者は考えていないけど、球数をどんどん増やしていきたい」と話した。

 順調にいけば近日中にも1軍の秋季練習に合流する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月27日のニュース