多田野の魔球「スカイツリーボール」にゴメス苦笑い

[ 2014年6月1日 17:04 ]

<日・神>8回無死、多田野(手前)の投じたスローボールを目を閉じて見逃すゴメス

交流戦 日本ハム1―4阪神

(5月31日 札幌D)
 東京都墨田区出身の日本ハム・多田野が超スローボール「スカイツリーボール」で沸かせた。

 前日5月31日に1軍に昇格し、この試合が今季初登板。8回から4番手としてマウンドに上がると、先頭のゴメスに対し1ボール2ストライクからの4球目、山なりの超スローボールを投げ込んだ。

 意表を突かれたのか、ゴメスはバットを振らずに見逃して苦笑い。計測不能の“遅球”は外角高めにわずかに外れてボールとなったが、多田野は続く球速差の大きい直球で4番を三ゴロに打ち取った。

 多田野は1死から味方失策で走者を出すも、今成、梅野を打ち取って無失点で終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース