亀井 連日のV打!「気持ちよかった」

[ 2014年6月1日 17:01 ]

<オ・巨>5回無死一・三塁、亀井が右線に先制の適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

交流戦 巨人2―1オリックス

(6月1日 京セラD)
 亀井が連日の活躍だ。5回、阿部、村田の安打で作った無死一、三塁の好機に右翼線へ先制のタイムリー安打を放ち、2日連続のV打点。前日の5月31日には、今季初めて出場選手登録され延長12回2死無走者で馬原から決勝のソロを放っのに続いての活躍。「きょうは先輩方がチャンスを作ってくれたので、いいところで1本出てよかった」と語りながらも「ほしい時に点が取れて気持ちよかった」と笑顔を見せた。

 連日の活躍とはいえ、亀井は「必死にやっています」と右手人さし指骨折で出遅れたことへの危機感を持っているようだった。

 原監督は「ぎりぎりの中で粘り、運がわが軍にあった」と語り、8回には途中から中堅の守備に就いていた松本哲が原拓の打球をダイビングキャッチするなど、好守も見せたチームに「投手を中心とした守りでしょう。全員で戦っているわけだから」と満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース