今春センバツVの龍谷大平安 守乱…報徳に逆転負け

[ 2014年6月1日 05:30 ]

春季高校野球近畿準決勝 龍谷大平安3―6報徳学園

(5月31日 わかさスタジアム京都)
 今春センバツ優勝校の龍谷大平安(京都)は守備が乱れて逆転負けを喫した。

 3回に先発の元氏が2度の悪送球。暴投と三塁手の送球ミスも絡んで4点を許した。センバツ決勝では好救援して初優勝に貢献したが、この日はベンチ内で涙を流し、悔しがった。試合中に大声で選手を叱った原田英彦監督は「あんなエラーが出たら駄目。集中力がない。一度リセットして、夏に向かう」と春夏連覇に向けて、気合を入れ直した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース