中日打線 もう“梅雨入り” 5試合で計5得点じゃ…

[ 2014年6月1日 05:30 ]

<西・中>7回1死満塁、空振り三振に倒れる代打・小笠原

交流戦 中日1―5西武

(5月31日 西武D)
 中日は4点を追う9回無死一、三塁も和田、平田が連続三振に倒れ武山も遊直で無得点。

 この日を含め最近5試合で計5得点で7戦連続ひと桁安打と、攻撃陣はひと足早く“梅雨入り”してしまった。「みなさんが言うほど大量点を取るのは簡単じゃない。打てるように常に準備するだけです」。西武・岸には09年以降6連敗となり谷繁兼任監督も珍しく語気を強めた。

 ▼中日・雄太(6回0/3を6安打3失点の粘投も今季初黒星)試合はつくれたと思うけど、先頭打者に長打を打たれてはいけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース