岩隈 メジャー最強コンビに被弾5失点「凄い打たれ方」

[ 2014年6月1日 05:30 ]

<マリナーズ・タイガース>3回、M・カブレラ(左)に2ランを被弾した岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ3―6タイガース

(5月30日 シアトル)
 マリナーズの岩隈がメジャー最強の3、4番コンビに沈められた。

 3回に内角ツーシームをM・カブレラに腕を畳まれて左中間へ先制2ランを被弾。同点の5回は2死二塁でそのM・カブレラを敬遠し、V・マルティネスと勝負したが、10球目のスライダーを捉えられて右翼へ決勝3ランを浴びた。打率リーグ1、2位の2人にやられ、6回5失点で2敗目。ア・リーグ中地区相手の連続無失点は51回1/3で途切れた。「(M・カブレラには)考えられない、凄い打たれ方をした。(V・マルティネスには)どの球を投げても合わされた」。この日は完敗したが、闘争本能に火が付いたようにも映った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース