アストライア 川端2安打2打点 レイアにタイ勝

[ 2014年6月1日 05:30 ]

<アストライア・レイア>3回、先制となる中犠飛を放った川端

 日本女子プロ野球のヴィクトリアシリーズ東地区第8戦が31日、埼玉県川口市営球場で行われ、アストライアが6―0でレイアに快勝して対戦成績を4勝4敗の五分に戻した。

 3回に川端の犠飛で先制。4回は今井、三原の適時打で加点し、6回に川端の適時二塁打と厚ケ瀬の2点適時打でダメを押した。投げては中島、萱野のリレーが決まり、計8安打を浴びながらも零封。1番に入って2安打2打点だった川端は「最近あまり打てていなかったので、打ててよかったです」とホッとした表情を浮かべていた。

  ▽第8戦
レイア
 000 000 0─0
 001 203 X─6
アストライア
 (レ)泉、只埜―碇
 (ア)中島、萱野―熊崎

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース