×

大谷 同点2号 サヨナラ呼んだ「左投手から打てた」

[ 2014年6月1日 05:30 ]

<日・神>7回無死、同点ソロを放った大谷(左)はハイタッチ

交流戦 日本ハム3―1阪神

(5月31日 札幌D)
 1点を追う7回、日本ハムの大谷は能見の内角スライダーを振り抜き、右翼席に突き刺した。

 4月23日のソフトバンク戦(東京ドーム)以来、48打席ぶりの今季2号。初めて左投手から、初めて変化球をスタンドに運び、「フェンス直撃かと思ったけど入ってくれて良かった」と笑顔を爆発させた。昨季は打率・176と苦手にしていた左投手。悩んだ末に「3番・右翼」を決断した指揮官の期待に応えた。今季初めて両親が札幌ドームで観戦。値千金の一発でその後のサヨナラ勝ちを呼び込んだ大谷は「左投手から打てたことが良かった」と満足そうだった。

 ▼日本ハム・ミランダ(9回2死一塁から右中間席へサヨナラとなる8号2ラン)サヨナラアーチは人生で初めて。安藤のフォークがいいと聞いていたので、2ボールとなって、来ると思った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年6月1日のニュース