バレンティン 王会長と感激の初対面!「伝説的な選手に…」

[ 2014年6月1日 12:44 ]

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が1日、ヤフオクドームで行われるソフトバンク戦の練習前に、ソフトバンクの王貞治球団会長(74)と初対面した。

 バレンティンは昨季60本塁打を放ち、王会長らの持つシーズン55本塁打のプロ野球記録(55本)を49年ぶりに更新した。ヤクルトベンチ裏に足を運んだ王会長は「去年会いたかったけど、会えなかったので」と念願の対面に笑顔。「おめでとう。今年も活躍してください」と祝福とともにエールを送り、サインボールを手渡した。

 バレンティンは、通算868本塁打を誇る「世界の王」との対面に「心から尊敬していて、伝説的な野球選手に会えて感謝している。とてもうれしい」と感激の表情。通訳に頼んで2ショット写真も撮影していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース