バレンティン 王会長激励も不発…左アキレスけん痛も再発

[ 2014年6月1日 20:49 ]

<ソ・ヤ>1回2死三塁、中前適時打を放つバレンティン
Photo By スポニチ

交流戦 ソフトバンク3―3ヤクルト

(6月1日 ヤフオフD)
 ヤクルトのバレンティンが8回の守備で退いた。1回に先制打を放った後の走塁などで、持病の左アキレスけん痛が再発したという。小川監督は「状態が良くなかったのは事実」と話し、今後は様子を見るとした。

 試合前には、自身が昨季更新したシーズン最多本塁打の、以前の記録保持者だったソフトバンクの王球団会長の激励を受けた。「尊敬している伝説的な選手と会えて本当にうれしい」と話していたが、連日のアーチとはならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース