青木、死球で1打点 チームは大敗「こういうことは忘れます」

[ 2014年6月1日 07:32 ]

ア・リーグ ロイヤルズ2―12ブルージェイズ

(5月31日 トロント)
 ロイヤルズの青木は5月31日(日本時間6月1日)、ブルージェイズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数無安打1打点だった。内容は二飛、遊ゴロ、三ゴロ、死球(打点1)、遊ゴロで、打率は2割6分4厘。チームは2―12で敗れた。

 5月最後の試合で無安打に終わった青木は「ペースがつかめないままきている気がする」と漏らした。大敗し「気持ちだけはしっかり持っていきたい」と話すしかなかった。

 9回は二遊間にいい当たりを放ったが、遊撃手の好守に阻まれた。7回1死満塁で左かかとへの死球で打点を稼いだものの、喜びはなく「こういうことは忘れます」と元気がなかった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月1日のニュース