高校日本代表候補 龍谷大平安から3人選出 U18アジア選手権

[ 2014年4月2日 19:09 ]

 日本高野連は2日、U―18(18歳以下)アジア選手権(9月・バンコク)に出場する高校日本代表の第1次候補26人を発表し、選抜大会で優勝した龍谷大平安(京都)から高橋奎二投手、高橋佑八捕手、徳本健太朗外野手の3人が選ばれた。

 準優勝の履正社(大阪)からは永谷暢章投手、吉田有輝内野手が入った。選抜大会と今夏の全国選手権大会に出場した選手を中心に、代表18人を決める予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース