最後に出た本音…キヨシ監督「良い試合はもういらない」

[ 2014年4月2日 05:30 ]

<D・巨>巨人に敗れ、さえない表情の中畑監督(中央)

セ・リーグ DeNA1-2巨人

(4月1日 横浜)
 帰りの車に乗り込む際、DeNA・中畑監督が本音を漏らした。「良い試合はもういらない。勝たなきゃ駄目なんだ」。

 本拠地開幕戦で宿敵・巨人相手に7回に同点に追いついたが、延長戦で力尽きた。記者会見では「粘って粘ってという野球はできた」と強調したが悔しさは隠せなかった。

 就任2年間で昨季9勝35敗4分けの巨人戦。指揮官はこの日のために新調したエメラルドグリーンのジャケットで球場入り。試合前には巨人・長嶋茂雄終身名誉監督にあいさつした。恩師が観戦した昨季5月10日巨人戦(横浜)で7点差をひっくり返す逆転サヨナラ勝利。その再現はならず、「(長嶋終身名誉監督に)きょうは勝てんのか?って聞かれたんだけどね」と苦笑いを浮かべた。

 大きな収穫は久保だ。阪神からFA移籍後初登板で7回1失点の好投。勝負どころで失投はほとんどなかった。「これだけ勢いのある巨人打線にこうやって抑えるというのを見せてくれた。ウチの投手に強いメッセージを送ってくれた」。良きお手本にできるかはこれからの戦いで証明する。

 ▼DeNA・久保(7回1失点)1失点とはいえきょうは勝ちたかった。丁寧にいったけど四球はあったし、まずまずだったと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース