米国外出身大リーガー 日本は6位 9人全員言える?

[ 2014年4月2日 09:06 ]

 米大リーグは1日、今季開幕ベンチ入りした853選手(故障者リスト入りを含む)のうち、26・1%に当たる223人が米国以外の国・地域出身者(米自治領のプエルトリコを含む)だったと発表した。出身者の分布は16カ国・地域にわたり、日本は9人で6位だった。

 日本の9選手は上原、田沢(ともにレッドソックス)イチロー、黒田、田中将(以上ヤンキース)青木(ロイヤルズ)ダルビッシュ(レンジャーズ)岩隈(マリナーズ)藤川(カブス)。

 ドミニカ共和国の82人が最多で、ベネズエラが59人、キューバが19人で続いた。球団別では、ダルビッシュの所属するレンジャーズが15人で最多だった。レンジャーズには米国以外の9カ国・地域出身の選手が在籍している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース