ダル ブルペンで86球 試合を想定、打者を立たせ

[ 2014年4月2日 10:32 ]

コーチ陣が見守る中、ブルペンで投球練習を行うレンジャーズのダルビッシュ

 首の張りで故障者リスト入りしたレンジャーズのダルビッシュ有投手が1日、本拠地グローブライフ・パークのブルペンで86球の投球練習を行った。試合を想定して打者を立たせ、イニング間を意識して休憩を挟みながら投球フォームや球筋、肩の状態を確認した。

 ダルビッシュは「(首は)気にせずに投げられたのは良かった。試合で投げられるとは思う」と安心した様子で話した。マダックス投手コーチは「4回を想定して練習したが、とても良く見えた。(首は)問題ない」と評価した。

 今後の予定については2日の体の状態を見て決めるという。1日の投球練習から中4日での登板となると、6日(日本時間7日)のレイズ戦が今季初戦になる。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース