田沢 キッチリ3人斬り 指揮官「今年も競った場面で任せられる」

[ 2014年4月2日 05:30 ]

<レッドソックス・オリオールズ>8回に登板し、1回を3者凡退に抑えたレッドソックス・田沢

ア・リーグ レッドソックス1―2オリオールズ

(3月31日 ボルティモア)
 レッドソックスの田沢が1点ビハインドの8回に登板し、3者凡退に抑えた。

 直球で遊ゴロ、スプリットで二ゴロに仕留めると、昨季25本塁打のハーディにはキャンプから取り組んでいたクイックも交え、94マイル(約151キロ)の高め直球で空振り三振に封じた。「いい緊張感で投げられた。3人で抑えて、次の回につなげられたらと思った」。チームは敗れたが、ジョン・ファレル監督も「いい仕事をした。今年も競った場面で任せられる」とあらためて信頼を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース