岸田 久々先発に緊張「仙台の恩師も見てくれてる」

[ 2014年4月2日 17:45 ]

<楽・オ>力投するオリックスの岸田

パ・リーグ オリックス7―1楽天

(4月2日 コボスタ宮城)
 今年から先発に転向したオリックスの岸田は、6回4安打無失点、4三振1四死球で今季初勝利。2010年3月30日の日本ハム戦以来、4年ぶりの先発として勝利となった。

 先発も2010年5月3日のソフトバンク戦以来で、「緊張しました」と本音をのぞかせた。仙台は東北福祉大を過ごした場所ということもあり、「仙台にいる恩師も見てくれてると思いますので、よかったと思います」。

 10安打7得点と爆発した打線に「打線は本当に心強いので、余裕をもって投げられます」と感謝。「もっと長いイニングを投げて、中継ぎ陣を休ませられるような投球したい」と自身も昨年まで経験した中継ぎ陣を気遣っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース