龍谷大平安 2年生・高橋奎が「うれしい」初完投 決勝3連投だ

[ 2014年4月2日 05:30 ]

<龍谷大平安・佐野日大>足を高く上げるライアン投法で完投勝利を挙げた龍谷大平安の高橋奎

第86回選抜高校野球大会準決勝 龍谷大平安8―1佐野日大

(4月1日 甲子園)
 龍谷大平安の2年生左腕、高橋奎が練習試合でもなかった完投を甲子園でやってのけた。9安打され、再三のピンチを背負いながら1点に抑えた背番号10は「最後まで投げられてうれしい」と笑顔で話した。

 2回戦の八戸学院光星(青森)戦では9回1死で降板。この日は8回が終わったところで原田監督に「大丈夫か」と聞かれ「行けます」と答えたという。準々決勝の桐生第一(群馬)戦でも救援で4回を投げており、決勝で登板すれば3連投になるが「もう一回完投したい。先発させてほしい」とアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース