オリックス・岸田 先発4年ぶり勝利!楽天・松井裕はホロ苦初陣

[ 2014年4月2日 17:28 ]

<楽・オ>力投するオリックスの岸田

パ・リーグ オリックス7―1楽天

(4月2日 コボスタ宮城)
 オリックス先発の岸田は、6回4安打無失点、4三振1四死球で今季初勝利。先発としての勝利は2010年3月30日の日本ハム戦以来、4年ぶりとなった。

 打線は1回2死三塁からペーニャの左前適時打で先制すると、6回には安達の適時三塁打などで加点。終盤にも長短打で得点を重ねた。「4番・指名打者」で出場したペーニャが2打席連続本塁打を含む3安打4打点と猛打賞の活躍で勝利に貢献した。

 楽天はルーキー松井裕がプロ初登板初先発し、6回5安打3失点、6三振5四死球でプロ初黒星。打線は9回に1点返すのがやっとだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース