森脇監督宣言通り!オリックス 機動力で松井裕攻略

[ 2014年4月2日 15:22 ]

<楽・オ>初回2死三塁、ペーニャに適時打を浴び舌を出す松井裕

パ・リーグ オリックス7―1楽天

(4月2日 コボスタ宮城)
 注目のルーキー楽天・松井裕と対戦したオリックスは、宣言通りに「足技」で揺さぶった。

 初回、先頭のヘルマンが左前打で出塁すると、1死後、糸井の打席の際に二盗に成功。さらにペーニャの打席で三盗にも成功し、ペーニャの左前適時打であっさりと先制に成功した。

 森脇監督は「連打の出る投手ではないから、一つでも前の塁を狙い、常にプレッシャーを掛けたい」と話していたが、その通りに足で揺さぶった。谷の打席の際には、ペーニャも二盗。昨年、右ひざの手術を受けたペーニャは、2年ぶりに盗塁を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース