4回突如崩れた 岡田、初の先発勝利ならず「悔しいのひと言」

[ 2014年4月2日 20:26 ]

セ・リーグ 中日―阪神

(4月2日 京セラD)
 5年目の中日・岡田の今季初先発は4回4失点と不本意な結果に。中継ぎから転向した左腕の初の先発勝利は成らなかった。

 3回まで完璧だったが、4回に突如乱れた。2四死球などでピンチを招くと、押し出し四球を含む4点を失った。「自分一人で野球をやってしまって申し訳ない。悔しいのひと言」と独り相撲に肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月2日のニュース