武田久 FA行使せず「最後までファイターズで、というつもりの話をした」

[ 2012年11月5日 16:31 ]

 日本ハムの武田久投手(34)が5日、札幌市内の球団事務所で球団と交渉した後、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。

 来季からの2年契約を結び、年俸は今季の2億3000万円プラス出来高払いから微増する。近日中にも正式契約する予定。

 武田久は「他のユニホームは自分の中で想像つかなかった。最後(引退)までファイターズで、というつもりの話をした」と述べた。今季が10年目だった右腕は2年連続でセーブ王に輝き、通算135セーブを挙げている。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース