右肘骨折の吉見 順調、遠投披露「2月1日には投げたい」

[ 2012年11月5日 06:00 ]

 右肘の骨折でクライマックスシリーズ(CS)に出場できなかった中日の吉見が4日、来年2月1日の沖縄キャンプ初日からブルペン入りすることを宣言。このオフもほぼ無休で体を動かし、来季の完全復活を期した。

 「十分に休んだつもりだし、用事がない限りは(トレーニングを)やりたい。2月1日には投げたいし、キャンプも普通にできると思います」

 この日はナゴヤ球場で汗を流し、遠投も70メートルまで伸ばすなど「今は痛みはない」と順調な回復ぶりを強調した。9月17日の巨人戦(ナゴヤドーム)で右肘の違和感を訴え降板。18日に検査を受け「右肘骨棘(こっきょく)骨折」が判明した。手術する選択肢もあったが長期離脱になるリスクを回避。来季の開幕戦から逆算し、すでに体の土台づくりをスタートさせている。CSで投げられなかった悔しさを、来季のG倒で晴らす。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年11月5日のニュース