阪神 メジャー18発コンラド基本合意

[ 2012年11月5日 06:00 ]

 阪神は4日、新外国人選手として、今季ブルワーズ、レイズなどでプレーしたブルックス・コンラド内野手(32)と契約に大筋で合意した。中村勝広GMは、正式契約は12月ごろになるとの見通しを示した上で「一、三塁を守れるのがポイント。スイッチヒッターというのもある」と話した。

 ヘッドスライディングなどのハッスルプレーも特徴で、ムードメーカーとしても期待される。コンラドは、大リーグ5年間で通算280試合に出場して、打率・207、18本塁打、71打点。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年11月5日のニュース