日本ハム ウルフ、ホフパワーと契約合意 スレッジは退団

[ 2012年11月5日 19:02 ]

 日本ハムは5日、ブライアン・ウルフ投手(31)、マイカ・ホフパワー内野手(32)との来季契約が合意に達したことを発表した。

 今季、ウルフは10勝9敗、防御率2・66。ホフパワーは打率・247、14本塁打、37打点。

 ウルフは「3シーズンにわたってファイターズでプレーをし、球団、北海道、そしてファンの皆様への愛着が揺るぎないものとなりました。来シーズンこそは日本シリーズを制覇できるよう、米国に戻ってからもしっかりと準備を進めます」と意気込み。

 ホフパワーは「今年は日本シリーズで本当に悔しい思いをしました。来シーズンは、必ずや日本一への思い遂げるべく、自分の持てる力をすべてを出し切る覚悟です」とコメントした。

 また、ターメル・スレッジ外野手(35)は退団が決定した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース