ソフトB多村 古巣復帰のトレードに「正直驚いています」

[ 2012年11月5日 19:45 ]

 ソフトバンクから古巣DeNA(当時は横浜)へのトレードが決まった多村は「今年から家族が福岡に来て、やっと生活にも慣れてきたところでのトレードですので、正直驚いています」と率直な心境を吐露した。

 当時の王監督の「縁」という言葉がきっかけで、06年、ソフトバンクに移籍。それから6年。「福岡は第2の故郷になりました」。この間、リーグ制覇、日本一も経験し「選手として大変貴重な経験を積むことができました」と振り返った。

 「またホークスでは、若手選手からの相談に乗ったりすることで、試合以外のところでの貢献の仕方も学ぶことができました」と自らの成長に手応え。「今後は対戦相手として、オープン戦や交流戦で福岡ドームに来ることになりますが、これまでと変わらない温かい声援をお願いします」とファンにメッセージを送った。

 古巣復帰については「今後はホークスでの経験を生かし、試合ではもちろん、それ以外の面でもベイスターズに貢献し、優勝を目指して頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年11月5日のニュース