BCリーグ 米独立Lと米国で合同トライアウト

[ 2012年11月5日 06:00 ]

 独立リーグのBCリーグが3日(日本時間4日)、サンディエゴで米独立リーグとの合同トライアウト(入団テスト)を初めて実施し、米マイナーリーグのプレー経験を持つ選手ら87人が集まった。47人が4日の実戦形式のテストに進んだ。パドレスなどで活躍した大塚晶則氏も指導役で参加。日本からの留学生もいた。

 選手はフリー打撃や投球を行ってアピールした。海外選手を発掘する画期的な試みにBCリーグの村山哲二代表は「意義があること。新しいことに挑戦していきたい」と語った。石川の端保聡社長も「素晴らしい選手もいた。さらに独立リーグ同士で交流を進めていければ」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年11月5日のニュース