一二三 アピール弾!元甲子園準V腕から打者転向

[ 2012年11月5日 06:00 ]

首脳陣が見守る中、紅白戦で左越えソロを放つ阪神・一二三

紅白戦 白組1―0紅組

(11月4日 安芸)
 阪神秋季キャンプの紅白戦で、2年目の一二三が本塁打を放ちアピールした。「練習の時から全力で、という姿勢を大事にしている。(練習が休みの)あしたも練習して、次の紅白戦でアピールしたい」と意欲的だった。

 東海大相模時代の10年夏の甲子園では投手として準優勝。今季から外野手に転向したが、和田監督は「あのスイングは打者としてやっていけるな、という自信を持った一発だったと思う」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース