伊東監督 角Jr・晃多に熱視線「しっかり育てたい」

[ 2012年11月5日 06:00 ]

来春の1軍キャンプを目指し、打撃練習にも熱が入るロッテの角

 千葉県鴨川市の秋季キャンプ中で、ロッテ・伊東新監督が角Jrに熱視線を送った。巨人投手として活躍した角盈男氏の長男・晃多(こうた)は育成選手から7月に支配下登録された4年目の内野手。

 1メートル68だが打撃にパンチもあり、指揮官は「この世界で2世は大成しないと言われるが彼は大成してほしい。しっかり育てたい」と期待。今季はイースタン・リーグで打率・225、4本塁打の角も「まずは春の1軍キャンプを目指す」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース