巨人・東野&山本とオリ・香月&阿南 交換トレード

[ 2012年11月5日 06:00 ]

 巨人・東野峻投手(26)、山本和作内野手(26)とオリックス・香月良太投手(30)、阿南徹投手(28)の交換トレードが4日までに両球団で合意し、5日にも正式発表されることになった。

 今季3年ぶりの日本一を達成した巨人だが、久保、越智らの故障で中継ぎ陣が手薄。今季52試合で10ホールドをマークし、4年連続40試合以上に登板した香月の調査を続けてきた。

 一方、最下位に沈んだオリックスはチーム防御率3・34とリーグ最下位。先発投手陣整備が急務となっていた。東野は昨年は開幕投手も務めたが、不振で8勝止まり。今季も1試合に登板(0勝0敗)しただけだったが、10年には自己最多の13勝。オリックスは再生可能と判断したようだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース