巨人・東野&山本とオリックス・香月&阿南 交換トレード成立

[ 2012年11月5日 13:48 ]

 オリックスは5日、香月良太投手(30)、阿南徹投手(28)と巨人・東野峻投手(26)、山本和作内野手(26)の2対2の交換トレードが成立したと発表した。

 今季3年ぶりの日本一を達成した巨人だが、久保、越智らの故障で中継ぎ陣が手薄。今季52試合で10ホールドをマークし、4年連続40試合以上に登板した香月の調査を続けてきた。

 一方、最下位に沈んだオリックスはチーム防御率3・34とリーグ最下位。先発投手陣整備が急務となっていた。東野は昨年は開幕投手も務めたが、不振で8勝止まり。今季も1試合に登板(0勝0敗)しただけだったが、10年には自己最多の13勝。オリックスは再生可能と判断したようだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年11月5日のニュース