中島 “方針変更”でソフトB、阪神動く!?

[ 2012年11月5日 06:52 ]

日米球団との交渉を並行して行うことが明らかになった西武・中島

 西武の中島裕之内野手(30)が海外フリーエージェント(FA)権を行使し、日米球団との交渉を並行して行うことが4日、分かった。

 今季もリーグ2位の打率・311をマーク。メジャー流出とみられていた中島の「方針変更」で、多くの国内球団が食指を動かすのは確実だ。

 年俸は2億8000万円と高額だが、資金力があって日本一奪回へ打線強化を図るソフトバンク、また、阪神も鳥谷がFAでメジャー移籍した場合、獲得に動く可能性もある。西武は推移を見守る方針だ。日米球団との交渉の末、中島はどんな決断を下すのか。日本時間14日から日米全球団との交渉が解禁される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月5日のニュース