救援投手課題の球団は多数…大型契約の可能性大

[ 2012年11月5日 06:00 ]

レンジャーズ 球児獲りへ

 今オフ、救援投手補強を課題に挙げる球団は多い。レンジャーズを筆頭にエンゼルス、メッツ、レッドソックスなどもブルペン強化が急務だ。FA市場には実績のあるベテラン投手が多く、中でも右投手は豊富。ただ、救援投手の需要は年々増しているだけに、大型契約を結ぶ選手は多いと予想される。

 10月30日には藤川を調査中のドジャースが、セットアッパーとしてリーグと3年総額2250万ドル(約18億円)で再契約。これにより一気に相場は上がったともみられている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年11月5日のニュース