マートン カメラマン席への“暴投” 球団側は静観

[ 2012年6月24日 09:36 ]

22日のDeNA戦の7回2死一、二塁、空振り三振に倒れたマートンは、直後のイニング間のキャッチボールでカメラマン席に飛び込むボールを投げる

セ・リーグ 阪神7-3DeNA

(6月23日 甲子園)
 22日のDeNA戦の攻守交代時にカメラマン席をめがけて4球連続で暴投を放った阪神・マートンについて、球団側は静観する姿勢を見せた。

 南球団社長が試合前に報道陣に対応。「まだ報告も受けていません。(マートン本人とも)話はしていません」と語り、今のところは事情聴取などは行わない構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース