ヤクルト逃げ切れず…小川監督「お互いさまということ」

[ 2012年6月24日 20:02 ]

セ・リーグ ヤクルト3-3巨人

(6月24日 東京D)
 ヤクルトは2―2の延長10回にミレッジのソロで勝ち越したが、抑えのバーネットが追い付かれ、逃げ切れなかった。小川監督は「(このところの)不安定さがね…。何とか立ち直ってくれれば」と守護神の状態が気掛かりな様子だった。

 リーグ戦再開後の最初の3連戦を1勝1敗1分けで終えた。指揮官は「負けなかったということ。お互いさまということじゃないでしょうか」と淡々と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース