松坂を投手コーチ補佐が擁護 課題は立ち上がりだけ

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<レッドソックス・ブレーブス>ベンチで、ユーキリス(左)とバッティングの構えをするレッドソックス・松坂

 右肘手術からメジャー復帰し3戦連続で白星のないレッドソックスの松坂を、ランディ・ニーマン投手コーチ補佐が評価した。

 「スピードも出ているし、100球投げても最後まで球威があった」と語った。序盤での失点については「いいスタートを切るために話し合い、もっと単純に、テンポ良く投げよう」とアドバイスを送った。松坂はこの日はランニング、キャッチボールで汗を流した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース