和田、ブランコが存在感 高木監督ご機嫌「打つ人が打ったね」

[ 2012年6月24日 17:53 ]

5回中日1死一塁、和田が右中間に勝ち越しの二塁打を放つ

セ・リーグ 中日5―4広島

(6月24日 金沢)
 首位の中日は3、4番の活躍で広島に競り勝った。1回2死二塁、ブランコは広島先発バリントンの135キロを捉えると、打球は左翼場外に消える15号先制2ラン。5回には1死一塁から和田が右中間に勝ち越しの二塁打を放ち、「前の2打席で凡退していたから、何とか取り返そうと思った」と喜んだ。

 前日は貧打で敗れ不機嫌だった高木監督も、この日は「打つ人が打ったね」と笑顔で引き揚げていった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース