小久保大記録達成も…ソフトバンクわずか4安打で零敗

[ 2012年6月24日 16:28 ]

7回日本ハム2死一、二塁、中田が右前適時打を放つ。捕手山崎

パ・リーグ 日本ハム6―0ソフトバンク

(6月24日 ヤフーD)
 日本ハムは2ケタ安打の猛攻で連敗を2で止めた。

 日本ハム先発のウルフは尻上がりに調子を上げ、7回4安打無失点、7三振2四球の好投で5勝目。

 打線は、初回に1死一、三塁の場面で中田の中犠飛で先制すると、4回には2死三塁で陽が大隣の投じた高めのチェンジアップを逆方向へ弾き返し、追加点。その後も大野の左翼席への2号ソロなど好機を逃さず効率的に得点を奪った。

 ソフトバンク先発の大隣は球にキレがなく、6回途中5失点で降板。打線は日本ハム投手陣の前に4安打に抑えられ、小久保の2000安打達成に花を添えることができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース