「初安打トリオ」で5点差大逆転!ソフトバンク3連勝

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<ソ・日>お立ち台で笑顔の(左から)本多、金、明石

パ・リーグ ソフトバンク7-6日本ハム

(6月23日 ヤフーD)
 ソフトバンクの「初安打トリオ」が今季両リーグ最大となる5点差逆転劇を演出した。

 2回に日本ハム・吉川から左前へプロ初安打を放った2年目の柳田は5点差の5回無死でも右中間三塁打。明石の二ゴロの間に反撃のホームを踏んだ。6回1死一、二塁には6年目の李杜軒(リ・トゥーシェン)が「何も考えず来た球を打った」と右翼線二塁打でプロ初安打&初打点。3点差の8回2死一、二塁、今季14打数無安打だった高谷の右中間二塁打など一気の3連続適時打で逆転した。

 若手の肩の力を抜こうと、松田が李杜軒と柳田の登場曲をきゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」(李)と「きゃりーANAN」(柳田)へ変更。底抜けに明るいチームカラーが復活した。「何打席も打てないのかと考えたけど、1本出て吹っ切れた」と柳田。今季4度目の3連勝で借金1。台頭してきた若鷹が逆襲へのパワーになる。

 ▼ソフトバンク・金無英(釜山出身の4年目右腕。8回を3者連続三振に抑えプロ初勝利)この日のために海を越えてやってきたのでうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース