バレ 推定150メートル弾「良い時に戻ってきた」

[ 2012年6月24日 06:00 ]

<巨・ヤ>初回2死一塁、左越えに2ランを放つヤクルトのバレンティン(投手・沢村)

セ・リーグ ヤクルト4-7巨人

(6月23日 東京D)
 ヤクルトはバレンティンの推定150メートル弾は空砲に終わった。

 初回、1点を先制した直後の2死一塁。沢村の初球スライダーを振り抜くと、打球は左翼2階席上の「能美防災」の看板を直撃した。ここ9試合で5安打は全て本塁打。「イチロー(の看板)を狙っていたけどね。このペースなら100本くらい行くんじゃない」。チームは逆転負けで勝率5割に逆戻りし、自身が本塁打した試合も12連勝で止まったが「4月の良い時に戻ってきた」と復調に手応えを感じていた。

 ▼ヤクルト・村中(今季最短の3回2/34安打4四球4失点で2敗目)調子どうこうではない。四球を出して打たれた。そういうところがダメ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース