斉藤コーチも感慨深げ「ぐっとくるものはありました」

[ 2012年6月24日 19:59 ]

パ・リーグ ソフトバンク0-6日本ハム

(6月24日 ヤフーD)
 自主トレをともにするなど、小久保に師事する斉藤リハビリ担当コーチも球場に駆けつけた。「打った瞬間は何とも言えない。あの一瞬でいろんなことが思い出された。ぐっとくるものはありました」と感慨深げだった。

 右肩痛の影響で、長い間実戦から遠ざかっているだけに「(小久保は)体のケアとか野球に関して常に最高を求めていたから、8回の手術を乗り越えて達成できた。あらためて尊敬できる」と力をもらったようだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース