大瀬良 最速150キロ 大学日本代表エースに名乗り

[ 2012年6月24日 06:00 ]

 大学野球の日本代表候補強化合宿は23日、平塚市内で紅白戦などを行い、最速151キロを誇る来秋ドラフトの目玉の九州共立大・大瀬良大地投手(3年)がエースに名乗りを上げた。

 最速150キロをマークするなど、2イニングで打者7人に対して1四球を与えただけの無安打投球。2年時から大学日本代表に名を連ねる右腕は「経験してる選手の一人として引っ張っていきたい」と意気込みを示した。24日の最終日も紅白戦が行われ、7月4日の2次合宿に向けた24人が発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月24日のニュース