ヤクルト 交流戦明け「左左左」で巨人斬りだ

[ 2012年6月16日 06:00 ]

練習を終え、荷物を持って引きあげる村中(左)

 巨倒レフティーズだ。ヤクルトはリーグ戦再開となる22日からの巨人3連戦(長野、東京ドーム)で赤川、村中、石川の先発が濃厚となった。

 16日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、右すねを痛めていた村中が先発に復帰。3人そろい踏みが可能となった。巨人との開幕3連戦(東京ドーム)では同じ3人で2勝1敗。その後の好調につなげた。交流戦は3年連続負け越しが決まったが、貯金1の3位。小川監督は村中について「求めるハードルが高い。やってもらわないと困る」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース