松坂 復帰2戦目は6回3失点で2敗目

[ 2012年6月16日 05:30 ]

2回、3点目を許し帽子を顔にかぶせるレッドソックスの松坂大輔

 レッドソックスの松坂大輔投手が15日(日本時間16日)、シカゴで行われたカブス戦に、右肘手術から復帰して2戦目の先発をし、6回、93球を投げ4安打4四死球3失点で降板した。防御率は5・73。

 松坂は初回に3四球で満塁のピンチを作り、クレベンジャーの2点タイムリー二塁打で失点。2回にも1点を失った。だが、その後は6回まで1安打、無失点に抑える好投を見せた。制限の100球に近くなった7回、代打を出されて降板した。

 レッドソックスは9回に2死満塁の好機を作るが得点できず、0-3で敗戦。松坂は2敗目を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース