マートン相談役に シーツ駐米スカウトがチーム同行

[ 2012年6月16日 07:00 ]

練習に参加したマートンは浮かない表情

 05~07年に阪神でプレーしたアンディ・シーツ駐米スカウトが来日した。16日のロッテ戦からチームに同行する。「アイ・ドント・ライク・能見さん」の舌禍事件に加え、打撃不振に悩むマートンの相談役として、球団が急きょ来日を要請したものだ。

 球団側のリクエストに、シーツ氏が快諾。09年から駐米スカウトに就任した同氏は、同年オフにロッキーズからマートンの獲得に尽力した。07年のシーズン途中に深刻な打撃不振で2軍落ちした経験も持つシーツ氏。報道陣からも慕われ、コミュニケーションもよく取っていただけに、心身ともに悩めるマートンの良き兄貴分となれそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース