長田 プロ10年目の初セーブ「チームが勝てばいい」

[ 2012年6月16日 19:29 ]

交流戦 西武6-5広島

(6月16日 西武D)
 西武の長田がプロ10年目にして初セーブをマークした。2点リードの9回1死で登板し、堂林に一発を浴びながらも逃げ切った。「すんなり終われれば良かったが…」と手放しでは喜べないようだった。

 救援陣が総崩れの状況で「いい球を投げているから」(渡辺監督)と試合の最後を任された。自身もここまで11試合で防御率4・50といまひとつ。「(抑えでも)やることは変わらない。チームが勝てばいい」と笑みは見せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース