青木 2試合連続1番で1安打「内容は悪くなかった」

[ 2012年6月16日 06:00 ]

<ロイヤルズ・ブルワーズ>ロイヤルズ戦の1回、右前打を放つブルワーズ・青木。投手ホチェーバー

インターリーグ ブルワーズ3-4ロイヤルズ

(6月14日 カンザスシティー)
 ブルワーズの青木は2試合連続で1番で出場すると、初回に右前打。その後は無安打に終わったが、「内容は悪くなかった」と振り返った。

 チームはアクスフォードが2日連続でリードを守れず、2試合連続サヨナラ負けで3連敗。守護神が打たれての連夜の敗戦に青木もショックを隠せず、「ああいう負け方だし、どこかで(悪い流れを)切らなければ、ずるずるいってしまう」と巻き返しを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース