和田監督 株主の批判に「皆さん心配してくれている」

[ 2012年6月16日 06:00 ]

仮想渡辺俊介?和田監督はアンダースローでキャッチボール

 14日に開かれた阪急阪神ホールディングス(HD)の定時株主総会で4位低迷への叱責の声があがったことについて阪神の和田監督は「皆さんよく見ていて、心配してくれている。株主だから、ただ苦情を言ってるんじゃなくて、良くなってほしいという思いから言ってくれていると受け止めてやっていきたい」と語った。

 一部株主からは故障と不振で1軍に不在の城島、小林宏を名指して「不良債権」と指摘する意見があった。指揮官は巻き返しに向け「1年間終わってどうかだから」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース