吉見 17日オリックス戦で1カ月半ぶりに復帰

[ 2012年6月16日 06:00 ]

 エースがついに帰ってきた。左太もも肉離れで5月2日に登録抹消された中日の吉見一起投手(27)があす17日のオリックス戦(京セラドーム)で復帰。その後、交流戦明けのナゴヤドーム初戦となる26日の阪神戦に必勝を期して先発する青写真となった。大阪移動後の甲子園室内練習場での練習では、ブルペンで65球を投げた。

 当初は1カ月前後での復帰を目指していたが、チームの大黒柱だけに慎重に調整。2軍戦では2度の先発を含む4試合に登板した。「体は大丈夫です。復帰に時間がかかった? 調整が遅れただけです」。甲子園を後にする際には緊張感を漂わせ、戦闘モードへの突入を感じさせた。

 ナゴヤドームでは昨季8勝1敗で、今季も3戦3勝。絶対的な強さを誇る本拠地での虎狩りで、後半戦への足がかりとする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース